ギターラブについて

What is Guitar Lab ?

Guitar Labは1985年の創業以来現在に至るまで、ギター修理工房として大手輸入楽器代理店および専門店の修理、検品業務を陰で支えて来ました。
1997年には、直接訪れる一般のお客様の増加にともない、船橋駅前にShopをオープン、アマチュアからプロまで、多くのお客様の支持をいただいております。


Guitar Lab Policy

Guitar Lab(ギターラブ)のLabとはLaboratory(研究所、実験室)の略。
ただの修理屋ではなく、ギターに関する事を常に追求し極めたい、との思いから名付けました。


Guitar Lab Quality

例えば、「フレット擦り合わせ」というものが、当て木に紙ヤスリを巻き付けてフレット上をただ前後にこすればそれでよし、とされていたような時代に、Guitar Labでは「真に基準値(フラット)が出たネックとは何か?」「使用状態において真のフラットを獲得するにはどうしたら良いか?」という出発点から研究を始め、使用時と同じ負荷を掛けながら擦り合わせをする現在の方法に到達しました。
その技法によりベース専門店の低い弦高へのこだわりや有名海外製品への高い品質要求にも応える事が出来たのです。奇しくもその後海外で紹介された方法は原理的に同一のものでした。
今でこそ、一部のリペアーショップで特殊技術として紹介されている方法もGuitar Labでは遥か以前から当たり前のように行われていたのです。
ほんの一例を紹介しましたが、他にもオリジナルな技法、工具、用品が多数ある事は言うまでもありません。

以上のようにGuitar Labでは常に自主的に高いレベルの技術水準を目指し、多くの皆様に満足いただけるよう努力していますので、プレイヤーのためのマルチショップとしてお役立ていただきますようお願い致します。

ナット溝調整